前へ
次へ

腰痛の原因になること

腰痛の原因になることの1つに運動不足があります。日常的に運動をしていないと筋肉がどんどん衰えてしまい

more

腰痛は酷くなる前にストレッチしよう

普段生活しているとどうしても腰に負担がかかって、結果として腰痛になってしまうという人もとても多いです

more

いつもとは異なる痛みの腰痛は内臓疾患を疑う

腰痛は長時間同じ姿勢で過ごしたり、ストレスや運動不足が原因で発症することもある疾患ですが、中には内臓

more

原因別腰痛対策を考える

男女共に幅広い年齢層の人が、腰痛に悩んでいます。インターネットなどで調べればさまざまな治療方法が書かれてありますが、情報をすべて鵜呑みにするのではなく原因に合った適切な治療をおこなうことが大切です。間違った対処法を取ることで、症状が悪化してしまうこともあるのは否めません。腰痛の原因は多種多様ですが、よく見られるものをピックアップして取るべき対策について紹介します。まず、部活や社会人スポーツによる腰の痛みについて見ていきましょう。スポーツでは、重い物を持ち上げる重量挙げや相手を投げ飛ばす柔道などで腰を痛めるケースが多いです。腰は体全体を支える基盤となる部分であるため、重い物を持つという動作が続くことで腰へのダメージが大きくなります。これは引越し屋や現場の仕事の人の腰痛と似ており、できるだけ腰への負担を減らすことが大切です。重い物を持ち上げるときに、足の筋肉もしっかりと使うようにすると、腰ばかりに負担がかかりません。常日頃から腰用のコルセットを使用することも、悪化させないための予防対策になります。スポーツでは、足首や膝など足を故障している人も腰を痛めやすいです。ランニングでも、膝の故障を抱えながら走っているといつしか腰までも痛くなってきます。これは自分では気付かないうちに足をかばっており、そのために体の軸がズレて腰に負担がかかるのです。足も腰も悪くしてしまってはどうしようもないので、まずは足の故障を治すことが大事です。次に、立ち仕事やパソコン仕事などずっと同じ姿勢をしていることが原因で腰を痛めるケースも少なくはありません。予防対策としては、小休憩を入れてできるだけ同じ姿勢を続けないようにします。同じ姿勢をしていると血流も悪くなり腰回りの筋肉も固まるので、ストレッチや適度な運動をすることも大切です。かばんを持つときに同じ側でばかり持つ癖なども要注意です。老化により軟骨が衰えて腰が痛くなるケースが、中年以降増えてきます。コラーゲンやグルコサミンなどの栄養成分を補給してみましょう。動かずにいると尚更筋肉が衰えてしまいます。理学療法士のもと、適切なリハビリをおこなうことも大切です。女性の腰痛には冷えや女性ホルモンの乱れが関係していることも多いので、シャワーでなく湯舟につかって体を温める習慣を付けたいものです。

インプラントも矯正もホワイトニングも丸ごとお任せ
トータル的な歯科治療が可能な稲沢市の歯医者「わだち歯科・シニア歯科」です。
WEB予約受付ていますので、お気軽にお問い合わせください。

1回で成功させてダメージを抑えます
患者様のお体の状態も踏まえ、最適な治療法をご提案いたしますので、ぜひ東京リーズデンタルクリニックへご相談下さい

Page Top